売却で資金を作って住み続ける!リースバックのご紹介|藤沢市の不動産のことならセンチュリー21富士ハウジング

こんなお悩みありませんか?

センチュリー21富士ハウジングの
リースバックとは?

リースバックとは、お客様が所有する不動産を売却後の所有主と賃貸契約を結ぶことで引き続きその不動産をご利用いただける仕組みです。現在お住まいの住宅も、リースバックを活用することで住宅売却後もそのままお住みいただくことが出来ます。

まずはお気軽にお電話ください

当社担当スタッフがご対応いたします


受付時間:10:00〜20:00年中無休(年末年始を除く)

メールでもお問い合わせできます。

リースバック
活用事例

売却代金の使用用途に制限はないため、介護費用が事業資金の調達など、様々なシーンでお役に立ちます。

転勤でローンと賃貸の二重払いに。
債務を精算して人生設計を見直し。

結婚を機に実家の近くにマンションを購入しましたが、すぐに転勤に。将来的には地元に戻れると思いマンションは売却せず、住宅ローンの代わりになればと賃貸に出すことにしましたが、思いのほか転勤が長引き、またマンションもなかなか借り手がなく転勤先の住宅費とマンションのローンを二重に払い続ける事になりました。子どもが生まれたことで養育費が増え、独身時代の車などのローンなども残っていたこともあり、次第に支払いに困窮し始めました。ローン返済の一本化や、自宅を担保に金融機関から融資が受けられる「不動産担保ローン」等も検討しましたが、借入総額や件数が多く審査に通らず、どこからも借入ができなくなり、「もうダメか」と思われたときに「リースバック」というサービスを知りました

なんと言っても助かったのは「リースバック」はあくまでも「不動産の取引」のため、融資を受けるための審査が必要ありませんでした。また、所有権は一度手放すことになりますが、将来的にはマンションの買い戻しも視野にいれることもできます。

一度滞った債務をきれいに整理し、地元に戻るか、転勤先に根を下ろすか手元の資金と合わせ今度は計画的に考えていきたいと思います。

予期しない医療費の捻出も、
住み慣れた我が家で暮らし続ける為に。

兄弟は全て独立し、50代の父と母が二人暮らしをしています。ある日父親に長期の入院が必要な病気が発覚しました。父親が勤めていた会社は休職扱いとしてもらい、しばらくは手当が支給されることになりました。しかし、母親は父親の看病の為、勤めていた会社を退職することとなり、大きく収入の計画が崩れたことから、当面の医療費と今後の生活資金に大きく不安を抱えることとなりました。

ふたりともまだ若く、現金化できる資産として愛着のある自宅を売却するのは抵抗があると相談を受けていたところに、「リースバック」のサービスを知り、査定を申し込んでみたところ、思っていたより高い評価をもらえました。「リースバック」なら自宅の所有権は移るものの賃料を毎月きちんと支払えば、これまでと変わらず暮らしを続けていくことができるという点が決め手となり、契約を行いました。

今は父も無事退院し、娘を連れて行くと今までと変わらない我が家で迎えてくれます。

士業の皆様においても、個人のお客様の老後の相続・納税対策や債務整理、また顧問先の企業様の資金調達・企業再生など、資金の用途に制限がない「リースバック」はお客様の不動産の現金化を幅広く支援可能です。

よくあるご質問

まずはお気軽にお電話ください

当社担当スタッフがご対応いたします


受付時間:10:00〜20:00年中無休(年末年始を除く)

メールでもお問い合わせできます。

PAGE TOP

スマートフォンサイト

スマートフォンサイトは左のQRを読み取ってアクセスしてください。

Copyright c Fuji Housing CO.,LTD All Rights Reserved.
センチュリー21の加盟店は、すべて独立・自営です。